わたしたちは、あたかも事も無げに日々を過ごす。しかしわたしたちは、「事も無げに」を、いつまで続けるのか。自分の「事」に寄り添わない人は、共に「事」に寄り添える人を探す。